米国株投資

Royalty Pharma (ロイヤリティファーマ)の将来性ーその①ー

*最終的な投資の決定は皆さんご自身の判断でお願いします。私は資格を持ったファイナンシャルアドバイザーではなく、あくまでも1人の素人投資家です。当サイトの使用及び閲覧は皆さんの自己責任でなされるもので、当ブログは本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

医師が解説するRoyalty Pharma の魅力シリーズです!

前回の記事ではRoyalty Pharma (ロイヤリティファーマ) の薬のすごさについて解説しました。

Royalty Pharma (ロイヤリティファーマ)の薬のすごさ-医者の視点でPaypal の創始者から学ぶ-Royalty Pharma のポートフォリオのラインアップがいかに素晴らしいか、医師の視点とビジネスの視点で紐解いていきます。...

今回は、Royalty Pharma の将来性をテーマに記事を書いていきます。

結論からお話すると、Royalty Pharma (ロイヤリティファーマ)の目の前にはブルーオーシャンが広がっていて、4つの追い風(tailwind)が吹いている状態だと感じました!

この記事では、なぜRoylaty Pharma の目の前にブルーオーシャンが広がっているのか、そして、4つある追い風のうちの3つについて解説したいと思います。

Royalty Pharma の目の前に広がるブルーオーシャン

Royalty Pharma が特許権を持つ薬剤の多くは、“珍しくて、治らない病気”というのを前回解説しました。

Royalty Pharma (ロイヤリティファーマ)の薬のすごさ-医者の視点でPaypal の創始者から学ぶ-Royalty Pharma のポートフォリオのラインアップがいかに素晴らしいか、医師の視点とビジネスの視点で紐解いていきます。...

では、今現在で“珍しくて、治らない病気”というのはどれくらい存在するでしょうか?

これについてNORD(The National Organization for Rare Disorders)というアメリカの非営利団体が情報を提供しています。

NORD (The National Organization for Rare Disorders)
(引用:NORD’s Rare Disease Fact Sheet

この団体の情報によると、その患者数は、アメリカ国内だけでも2.5千万~3千万人(約10人に1人の割合)というのです。

Rare diseases (稀な病気)という割には、以外にも患者数は多いのです。

治療を必要としている人は沢山いるのに、治療が確立していない疾患が沢山あるというのが、現代の医療の現状です。

これについてRoyalty Pharmaの2021年度のAnnual letter (年間報告書) で次のように記されています。

「私たちはバイオ医薬の業界全体におけるイノベーションにアクセスすることができます。我々のアプローチの方法は、まず、現段階で満たされていなくて、非常に重要な医療のニーズに関係する、革新的な科学技術が何かを吟味します。その次に、我々が魅力的だと思う治療法(薬)に関するロイヤリティ(特許権)をどうやって取得するかを考えます。」

“We have the ability to access innovation from across the biopharmaceutical ecosystem. Our approach is to first assess innovative science in areas of significant unmet medical need and then evaluate how to acquire royalties on therapies that we believe are attractive.”

(引用:Royalty Pharma 2021 10-K Annual Report

つまりRoyalty Pharma の経営陣が探している、”significant unmet medical need(満たされていなくて、非常に重要な医療のニーズ)” と、“珍しくて、治らない病気の治療” というのは一致しているのです。

Royalty Pharma の経営陣が探している治療薬というのは、今まで有効な治療がなかった疾患に対するものが多いです。約7000あるrare disease(珍しい病気) のうち90%以上は治療法がまだない状態です。そこに新しい画期的な新薬が発売されれば、大ヒット間違いなし。

しかも、以前の記事にも記載した通り、そういった病気の治療というのは参入障壁が非常に高く、競争が起こりにくいです。

この、“珍しくて、治らない病気” に集中するという戦略は、ジェームズ・コリンズ氏著書のビジョナリーカンパニー②飛躍の法則(GOOD TO GREAT)に出てくるハリネズミの概念にも通じるものがあります。

“どこにも負けない事業になりうる部分にだけ注力することが、偉大な企業への唯一の道である。”

(引用:ビジョナリーカンパニー②飛躍の法則(GOOD TO GREAT)、第15版、日経BP社、ジェームズ・コリンズ著、山岡洋一訳、p160)

Royalty Pharma は、得意の分析能力を生かして、まさにブルーオーシャン(競合他社がいない、一人勝ちの状態)の領域にエネルギーを集中していると考えることができます。

製薬業界における4つの追い風

Royalty Pharma が専門で扱っている領域は非常に美味しいことが分かりましたが、製薬業界全体は今後どうなることが予想されるでしょうか。

これについて、Pablo Legorretta氏は2017年にMIT (マサチューセッツ工科大学)で行った講義でこう解説しています。

それは、製薬業界には4つの追い風が吹いていて、Royalty Pharma はその恩恵を受けることができるというのです。

ではその4つとは何かというと、

①人口増加

②高齢化社会

③発展途上国の経済的成功

④研究開発費の増加

です。

①人口増加

まず、最初の人口増加に関してですが、今後世界の人口が増加することが予想されています。

Hans Rosling 氏の著書、”Factfulness” にこんなデータが紹介されています。

(FACTFULNESS, Hans Rosling, SCEPTRE, p83)

2017年時点での世界の人口は7.6 Billion(76億人)でしたが、2100年頃には12 Billion(120億人)にまで増加するとのことです。この理由としては、子供の数が増えるからでも、老人の数が増えるからでもなく、大人の数(15歳~74歳)が増えるからだそうです。

②高齢化社会

高齢者が増えると医療費がより多くかかる、つまり医薬品が沢山売れるという理論ですが、これは半分正解だと思います。

GDP上位のアメリカや日本、そしてドイツは今後高齢化が悪化することが予想されています。

しかし、世界全体でみると”①人口増加”でも見たとおり、高齢化が進むことによる人口増加というトレンドはないようです。

ただし、高額な薬を購入できるのは、GDPが上位の国とも考えることができるので、GDP上位の国が今後高齢化が悪化することで医薬品がさらに売れる可能性はありそうです。

③発展途上国の経済的成功

次に、世界(特に発展途上国)が経済的により豊になることがあげられています。

(FACTFULNESS, Hans Rosling, SCEPTRE, the back page)

左図は富のレベルを飲み水、移動手段、調理、食事、寝具で測っていて、それぞれLevel 1~Level 4に分かれています。

それぞれの目安としては、$2/day以下の生活がLevel 1、$2~$8/dayがLevel 2、$8~$32/dayがLevel 3、それ以上がLevel 4となっています。2017年時点において、世界中の多くの人がLevel 2に属しています。

これが今後2040年頃には、より多くの人が、経済的により豊な生活を送れ、しかもその人口が増えると予想されています。人口は増えているのに、Level 1、Level 2の貧しい生活を送る人の数は減っています。

また、Level 3、Level4の生活を送る人の数が増えることが予想されています。

つまり、今までお金がなく、薬を購入できなかった人々が、今後薬を買うことができる可能性があるのです。

言い換えれば、製薬会社にとっては、より多くの人に薬を販売するチャンスでもあるのです。

④研究開発の発達

研究開発の発達に関しては、2021年4月にアメリカの政府機関CBO (Congressional Budget Office) がとても興味深い資料を公表しています。

(引用:Research and Development in the Pharmaceutical Industry

これについてはかなり濃厚で、かつ非常に重要な内容なので、また別の記事で紹介したいと思います。

なぜ Royalty Pharma が魅力的か

実は、先程紹介した4つの要素のうち、

①人口増加

③発展途上国の経済的成功

に関しては、他の業界においても追い風と考えることができます。

スマホや自動車にしても、人口が増えれば購入してくれる顧客の数は増えます。

ただ、製薬業界の特徴としては、一度完成した薬に関しては、売れる期間が非常に長いということです。(つまり、同じ商品に関して収益を想定しやすい)

スマホにしても、自動車にしても、毎年のように新しいモデルが発売されます。

(iPhoneは、毎年のように新しいモデルが発売されていますね。)

競争が激しい分、常に新商品を発表する必要があります。

そして、そのたびに古いモデルの価格や売り上げは落ち、新しいモデルが常に求められます。

しかし、薬に関しては違います。

一度地位を獲得した薬に関しては、10年以上同じ薬が売れ続け、しかも毎年その売上高が伸びるということも珍しくありません。

Royalty Pharma のビジネスモデルでは、長期的に利益が見込める薬のロイヤリティ取得がビジネスの基礎にあります。数年度、または10年後にどれほどの利益が見込めそうか、非常に予想がしやすいのです。

この特徴について、創業者のPablo Legorreta氏も次のように述べています。

「安定した、予想可能な高成長を見込むことができるという、ロイヤリティファーマの成長能力を、投資家やアナリスト達は明らかに過小評価していると私は思います。生命科学の領域において、この特徴を持っているビジネスはほとんどありません。」

”I think growth is definitely an area where I think investors and analysts have not appreciated the ability of Royalty Pharma to deliver consistent, predictable, high growth, which is very unique. In Life Sciences, there’s really not many businesses that have this characteristic.”

(引用:Royalty Pharma Q3 2021 Financial Results Call Transcript)

このRoyalty Pharma という会社は、アマゾンやグーグル、アップル、テスラなどと違って、知る人ぞ知るという会社です。

なので、まだこのビジネスの特徴についてあまり知られていないことも、株価に割高感が少ないことにも関係しているのかもしれません。

まとめ

・まだ治療法が見つかっていない珍しい病気は沢山あって、患者数も多い(ブルーオーシャン)

・Royalty Pharmaの追い風となる4つの要素(①人口増加、②高齢化社会、③発展途上国の経済的成功、④研究開発費の増加)が存在する。

・Royalty Pharma は安定していて、予想可能な高成長を見込むことができるビジネスモデルを展開している。そして、製薬、生命科学の領域のビジネスにおいて、このような企業は非常に珍しい。

次回は、今回の記事にも出てきた、”④研究開発費の増加”がなぜ Royalty Pharma の成長に重要かについて、詳細に解説したいと思います。

Royalty Pharma (ロイヤリティファーマ)の将来性②ー米国議会予算局報告書から読み解く 前編ー *最終的な投資の決定は皆さんご自身の判断でお願いします。私は資格を持ったファイナンシャルアドバイザーではなく、あくまでも1人の素人投資...

<参考本>

ABOUT ME
akifune
ハリーポッターの世界にあこがれた高校生が、大学時代と初期研修後にイギリスに留学。 10年以上どうしたら英語が上達できるか考え続け、合計約3年間イギリスに滞在。 ようやく自分なりの回答を見つけ、現在は次の海外進出に向けて準備中。 美容皮膚科医。 イギリス留学、英語について発信するのが何よりの楽しみ。