YMS

厳選!住むべき場所、避けるべき場所~ロンドン編~

 2021年2月25日 /  2021年7月30日

ロンドンは非常に広くて、私が最初にロンドンに訪れた時、どこに住むべきか非常に迷った。

そして、ロンドンに来てからも、どこに住むかで非常に悩んだ経験がある。

そんな経験をもとに、2018~2020までロンドンに住んでみて、感じた地域別の特徴を紹介してみたい。

おすすめの地域

賃貸を探す上でどこに住むかはとても大事だ。

立地、物件の条件、値段など色々とある条件のなかで、一番大事なのは立地。

内装や家具などは何とか調整することができても、立地は一度決めてしまったら変えることは不可能だから。

なので、物件を探す時に一番大事なのは、学校や職場にアクセスが良い立地を探すということになる。

ただ、学校や職場の位置に関係なくおすすめする場所としては、個人的にロンドン西部、特にHammersmithのあたりだ。

自分が住んだことのある場所はHammersmith, Kensington, Wandsworthの3か所だが、これらの中でもHammersmithは生活しやすい立地だった。

一番大切なのは、自分の職場や語学学校の近くに住むことだが、Hammersmithは生活に必要なものを手に入れるインフラが整っているのと、交通の便が非常に整っている点で良かった。

さて、ロンドンと言われて観光客がイメージするのは、ビッグベンやピカデリーサーカスの掲示板だと思うが、この繁華街を中心としてロンドンを大雑把にいくつかの地域に分類して、それぞれの特徴などを記したい。

West London

ロンドン中心街より西に位置する地域で、自分の住んでいたHammersmithやKensingtonはロンドンの西側に位置する。

西側は安全な地域が多いと言われていて、高級住宅地と言われるChiswickもここに含まれる。

またHammersmithの北西に位置するActonは日本人学校がある場所で、Atariyaという魚屋もある。(日本食やお刺身が買える)

Hammersmith の北隣にはShepherd`s BushとWhiteCityという地名があり、ここには

Westfield Shopping Centre

という大型のショッピングモールがある。

この中にIchibaという日本食専門店があり、かなり割高ではあるのだが、刺身や和牛だけでなく、日本の食材が数多く並べられている。

ロンドンでしばらく生活すると、だんだんと日本食が恋しくなってくるのだが、その時は我慢せずにこのWestfieldのIchibaで贅沢にお寿司を食べるのも良い。

Hammersmith (ハマースミス)

なぜこの西地区の中でもHammersmithがおすすめかというと、

  • Hammersmith駅は4つの地下鉄路線が通っていて、バスのターミナルでもある(ロンドン中心街まで地下鉄で20分程度)
  • 近くにショッピング街があって便利
  • Westfieldにも行きやすい
  • バーやレストランも色々とある
  • 比較的安全(犯罪がゼロではないが、悪質なのは少ない)

と、とても便利で比較的安全な地域だからだ。

あとは、自分の通っていたThe London School of Englishからも徒歩圏内であったことも良かった。

Kensington (ケンジントン)

自分はHigh Street Kensingtonに5か月近く住んでいたが、街自体はとても好きだった。

イギリスで代表する高級住宅地の一つで住宅街を歩くだけでも楽しい。セレブも住んでいて、Holland ParkやHide Parkにも歩いていくことができて、都心にある自然を満喫することができる。

ただ、少し残念だったのが、近くに大型のスーパーがないことと、そもそも物価が高いため、安く住めるのにはそれなりの理由がある物件になることだ。

またHigh Street Kensington駅はDistrict LineとCircle Lineの本線から外れているため、同駅に向かう電車の本数は本線の発着数より少ない。

Fulham(フーラム)

Hammersmithの南側にある地区で、この地域も人気が高い。

個人商店もあり、Fulham駅の周辺はちょっとしたショッピング街になっていておしゃれだ。

ただ、Fulham駅はDistrict Lineしか停車しないのに、分線の駅であるため本数が少ない点がHammersmithよりポイントが低いと思う。

また、駅の近くまで行かないと大型のスーパーがない点からもHammersmithに軍配が上がると思う。

Acton town (アクトンタウン)

日本人学校があり、Atariyaという日本食や刺身のお店がある場所。

一度だけ街を歩いてみた時に、日本人の小学生位の子供たちがちょうど通学しているのを見かけた。

良さそうな物件もいくつかあったのだが、

ロンドンの中心部からはHammersmithよりも遠いのが残念だった。

また日本食や刺身に関しては、正直WestfieldのIchibaの方が質が高いと思ったので、わざわざActom Townまで買いに行かなくても良いと思った。

South London

South Londonはテムズ川の南側全てを含む地域であり、範囲がかなり広い。

観光名所のあるLondon EyeがあるSouth Bankや、国際的な本初子午線があるGreenwichもテムズ川の南側にある。

一般的なSouth Londonの特徴として、交通の便が悪いことがあげられる。

地下鉄のNorthern LineやJubilee Lineも通ってはいるが、実際に生活してみた感想として、やはりテムズ川の北側の方が移動しやすい。

その代わりという訳ではないが、Overgroundという陸上の交通網やバスを使って移動する。

だからなのかは分からないが、安くて非常に交通の便が悪いか、安くて治安の悪い地域というのが多い気がする。

個人的には、South Londonも地域を選べば安全だし、家賃も安い場所が多いので、選択肢として良いと思う。

値段を選ぶか、交通の便を選ぶかで西と南を選べばいいと思う。

自分が一度South London のWandsworthに住んだ理由は、家賃がHammersmithより安かったことに加え、パートナーの通学先への便がHammersmithよりもWandsworthの方が良かったからだ。

Richmond (リッチモンド)

Hammersmithより安全で、高級な住宅地と言えばRichmondが思いつく(名前にすでにRichという言葉が入っている。)

街としてはRichmondはとても魅力的できれいな場所なので、仕事をRichmondで見つけた場合や、大自然を身近に感じたい場合はおすすめしたい地域である。

ただ、少し残念なのが、やはりテムズ川の南側にあるということで、交通の便が少し悪いところだ。

Richmondは地下鉄のDistrict LineとCircle Lineの終着駅の一つなのだが、地下鉄でロンドン中心街まで40分近くかかる。

そして夜にロンドン中心街で遊んで、真夜中に帰ろうとすると、バスを乗り継いで帰ろうとすると、2時間以上かかってしまう。

それでも、それを上回るくらい、この街は綺麗で魅力があると個人的には思う。

特にRichmond Parkは週末のピクニックやデートに大変おすすめの場所なので、是非一度訪れてほしい。

Wandsworth, Battersea

自分が実際に住んだWandsworth は南西部に位置するテムズ川沿いの街で、Richmondよりも東にあって中心街に近い。

川を渡るとFulhamに行くことができる。

地下鉄の駅はなく、移動はバスかOvergroundで街に行くには少し不便。

ただ、少し歩けば大型のスーパーがあることと、そこそこの値段で良い物件があったこと、そして、当時同居していたパートナーの通学にOvergroundの駅が都合が良かったことからこの場所を選んだ。

少し贅沢をしてBattersea Reachというマンションに住んだのだが、とても快適だったし、少し歩けば大型のスーパー、Sainsbury`s があったため、生活はとてもしやすかった。

また、15分ほど歩いたところにあるショッピングモールに本屋が入っているのだが、ここのWaterstones がロンドン中にあるWaterstone`s の中で一番好きだったので、個人的にはここでの生活は気に入っていた。

このWandswarthから東の方角に進むと、Battersea、Vaxhaulという地区に入り、広い公園があるだけでなく、米国大使館もあり現在再開発が盛んな地域である。

現在世界の投資家達がこの地区の不動産を買いあさっているという噂で、このBattersea、Vaxhaulという地区は家賃がどんどんと上がっている地区でもある。

Clapham Junction

Batterseaにも比較的近く、OvergroundのハブともなっているのがClapham Junctionである。

この地域周辺はまだ再開発が進んでおらず、比較的安い家賃で住める地域だと思う。

駅の近くにはショッピング街もあり、生活する上でも便利だと思う。

少し中心街から外れると、低所得者が集まるCouncil Houseが多く立ち並ぶ地区もあり、夜中に歩く際には警戒する場所もあるが(駅の北側)、ショッピング街に近い駅の南側を歩いた時はそのような雰囲気は感じられなかった。

この地域で希望の物件が見つかれば、良い選択肢になるのではないだろうか。

Putney

Wandsworthの西にある地区で、ここから川を渡って北に進むとFulhamに到着する。

ここもWandsworthと同じでOvergroundの駅しかないが、駅に面する大通りには色々な店があり、交通量が多く少し忙しい感じではあったが、雰囲気としては悪くなかった。

街としては住みやすそうであったし、いくつか候補の物件も見つけてはいたのだが、結局Wandsworthに住むことになったため、賃貸契約しなかった。

古い家が多く、安くなると駅から10分15分歩かないといけないかもしれないが、住みやすそうな雰囲気だと思った。

Bermondsey, Surrey Quays, Canada Water

ここは2018年当時、ロンドンで住みたいランキング上位に入っていて人気のエリアだ。

食や文化が充実しているようで、自分も一度遊びに行ってみたいと思ってはいたのだが、何せ住んでた場所からかなり遠かったのと、パートナーが通学する上で不便であったため賃貸検索の対象から除外していた。

Bermondseyの東側に位置するSurrey QuaysとCanada Waterは実際に下見に行ってみて、どちらも再開発が盛んにおこなわれている場所だった。

特にCanada Waterの駅を出てすぐには新築マンションが立ち並び、ため池を囲んでショッピング街が形成されている。

休日に訪れると、ショッピング街に家族連れや若者が集まり、白鳥に餌を与えるすがたも見られた。

新築マンションなので、家賃は高めだが、女性が一人暮らしをしても大丈夫そうな街並みだった。

ただ、新しくできたマンション街という印象で、特に歴史を感じる風景はなく、休日はちょっと退屈しそうな印象だった。

Canada Water駅は地下鉄(Jubilee Line)とOvergroundが停車し、Overgroundを利用すればテムズ川の対岸に出て、Shorditch駅まで数駅で到着する。

もう一つのSurrey Quaysも再開発が進む街で、駅を出て10分くらい歩くと新築マンションが立ち並ぶエリアに出る。

巨大なTESCOもあるため、食料品には困らないと思う。

Surrey Quays駅はOvergroundしか停車しないため、Overgroundを普段良く利用する必要があればこの場所は良いかもしれないが、そうでなければ特別ここに賃貸を借りる意味はないかもしれない。

Greenwich

ここは海上貿易で栄えた街で、古い町並みが残った街だ。

Greenwich Marketでは個人経営の店が店舗を開いていて、出店を出したり、かわいい小物を売ってたりして、週末のちょっとしたお出かけにちょうど良い。

Greenwich駅にはJubilee Lineが通っているが、正直交通の便としては良いとは言えない。

観光客として遊びに行くのであったり、Greenwich近くで就職または留学するのであれば良いが、それ以外であれば賃貸候補としてはあまり利点はないと思った。

Wimbledon

テニスで有名なWimbledonで、有名な語学学校があるらしい。

安全と言われている地域と言われているので、もしこの語学学校に通うのであれば良い選択だと思う。

ただ、Wimbledon地区にある地下鉄とOvergroundの駅が離れていて、交通の利便性を求めるのであれば、隣町のRichmondの方が住みやすいと思う。

おすすめしない地域

West London

White City & Shepherd’s Bush (ホワイトシティ& シェファーズブッシュ)

Hammersmithの隣で、WestfieldのあるWhite CityやShepherd`s Bushだが、Hammersmithより少し治安が悪い印象がある。

White Cityの近くにある個人経営のお店に何度か行く機会があったのだが、ある日店主が手に包帯を巻いていた。

何があったか聞くと、店に押し入ってきた強盗にナイフで手を刺されたそうだ。

中東系の移民が多めの地域であることと、家賃も少し安めの物件が多いことが関係しているのかは不明だが、こういう事件はロンドンでは珍しくない。

Hammersmithでは路上にある車の窓ガラスがバリバリに割られているのを目にしたり、街を歩いていて何回かFワードでののしられたことはあったものの、ナイフで刺されたという事件は自分が滞在している間はニュースにならなかった。

South London

Elephant Castle, Camberwell, Denmarkhill, Kennington, Peckham, Brixton

そもそも、South Londonの物件をあれこれと探したのも、PartnerがDenmarkhillにある学校(King`s College)に通うことが決まったからだった。

そしてこのDenmarkhillというのは、Overgroundしか停車しないため、Overgroundの駅がある地域に住まないと通学で苦労する。

じゃあ、その近くに住めばよいではないかということなのだが、

なかなか希望の物件が見つからなかった。

そして、

Elephant and Castle, Camberwell, Kennington, Peckham, Brixton

の街の様子だが、他の地域と比べて黒人が占める割合が多いと感じた。

これらの地域でバスに乗ると、自分だけアジア人で、他は全員黒人ということも珍しくなかった。

ただの先入観かもしれないが、黒人が多い地域は比較的貧しい地域な気がする。

ロンドンの街を色々と歩いてみて、黒人主に住む地域と、白人が住む地域とは、別れていると感じた。

街を歩いたりバスに乗ると

RichmondやChiswickなんかは明らかに白人が多いと感じるのだが、

Elephant and Castleやその周辺の街は黒人が多いのだ。

黒人の比率がただ高い地域であれば、別にいいのだが、

これらの街では、街を歩いていて、なんとなく危ない雰囲気を感じた。

(後で調べてみてなぜそう感じたのか納得した。詳しくはEast Londonの欄で)

特にPeckhamだけはイギリス初心者が住む地域としてはレベルが高すぎる(悪い意味で)と感じた。

デッキバスに乗って、Peckhamの街をながめてみたのだが、、

Peckhamはそこら中の建物が落書きで埋め尽くされていた。

Shorditchのように芸術を感じる落書きであれば良いのだが、

そうではなくて、本当にただの悪質な落書きしか見当たらなかった。

いたる店の入り口にもスプレーで文字が書かれていて、建物の2階にもスプレーで至るところに文字が書かれていて、ただただ汚いとしか思わなかった。

実際に住めば都なのかもしれないが、この辺りの地域一体は、一見すると低所得層の集まる地域という印象だったし、日中ならまだしも、夜中のバスに一人で乗って帰宅する際に、かなり警戒しないといけないと思った。

今後どんどんと高所得者が入居し始めて、Shorditchのようにおしゃれになる可能性があるが、今の段階ではあまり住みたいとは思えなかった。

ちなみに、Denmark Hill自体は高級住宅地で綺麗な場所ではあるのだが、何せ生活するのに不便だと思った。

電車はOvergroundしかないし、坂道が多く、店と言っても少し大きめのスーパーがあるだけ、周囲には特に目立ったアトラクションもない。

あと、少し不吉だと思ったのが、数年前にDenmark Hillで銃撃による殺人事件があったのだ。

学校に毎日通うのであればまだしも、週に数日しか登校しない場合は、あえてDenmark Hillやその周辺に住む必要はないと判断した。

*追記

Near Brixton

この記事を書いた後の2021年3月に 30代の女性が帰宅途中に誘拐され殺害されたという悲しいニュースが日本にまで届いた。

どうやらClapham Junction と Brixton の間辺りで事件は起こってしまったらしい。

他の安全と言われているロンドンの地域でも決して安心することはできないのは確かではあるが、やはりSouth London のこの辺りの地域は避けた方が無難だと思う。

Elephant and Castle

テロを疑う事件とは関係ないが、2021年6月に Elephant and Castle で 大火災が発生した。

East London と North London

East London(Bromley By Bow, Westham, Straford)とNorth Londonはもともと検索地域から除外していた。

というのも、ロンドンの新聞を読むとナイフによる殺人事件が多い地域としてEast London とNorh Londonが良く出てくるからだ。

Bromley By Bowの近くの住宅街では、家の塀に落書きが目立ち、Straford駅は周囲を少し歩いてみたが、なんとなく雰囲気が悪いと感じた。

たとえば、”MyLondon”というネットの情報サイトに犯罪データを地図上に色で示したもがある。

広い範囲をひとまとめの地域として表示しているが、ロンドンの東側、南側は犯罪発生数が多い。

また、ニュース提供会社大手の”Sky new”のウェブページには、各地域のギャングの縄張りが地図で表示されている。

自分が雰囲気が悪いと感じた地域と一致していた。

ちなみにHammersmithの北側にギャングが集まる地域があるが、この地域はWhite Cityや Shepherd`s Bushに位置し、自分が出会ったナイフに刺された店員の店もこの地域に位置していた。

上二つは警察や政府が提供している正式な情報ではないが、自分がロンドンの街を歩いて感じた雰囲気と大体一致していると思う。

*追記

North Londonについて

この記事を読んでくださった方から

「North London は危なくないよ!日本人が沢山住んでる地域だよ!」

とご指摘いただいた。

North London を一括りにしてしまった私のミスだったのだが、確かにNorth London でも安全な地域がある。

安全と思われるNorth London は “西側のNorth London” で、やっぱり危険と思うのは、”East London” だと思う。

安全な “西側のNorth London”

“西側のNorth London” に含まれるのは、例えば

  • Hampstead
  • Finchley
  • Golders Green
  • Hendon

などが含まれる。

Hampstead のあたりには、高級住宅街が並んでいて、おいしいギリシャ料理のお店がある地域だ。

Finchleyには、私がお世話になった皮膚科医の医師がロンドンの大学に派遣された際に住んでいた地域であり、日本の外交官も住んでたりする地域だ。

そしてHendonには、私が研修に行く予定だった(新型コロナウイルスの蔓延により、研修は泣く泣く中止になってしまったが)日本人による日本人のためのクリニックがある場所だ。

危険な”東のNorht London”

”東のNorth London” に含まれるのは、例えば

  • Walthamstow
  • Tottenham

などの地域になると思う。

この辺りは、”knife crime” が多い地域とも重なる。

昔付き合っていたイギリス人の彼女の実家がこの辺りにあったのだが、

”私が高校生位の時は万引きや他の家の庭に不法侵入するのは普通だった”

というエピソードを聞いたのを思い出した。

まとめ

West London

West Londonの中でネット検索で物件を探した地域は

Hammersmith, Kensington, Chiswick, Notting Hill, Shepherd`s Bush, White City, Acton Town, Fulhamで、

実際に物件を下見に行ったのは、

Hammersmith, Kensington, Fulham, Shepherd`s Bushだった。

結局街自体の美しさは別として、一番バランスの良い地域としてはHammersmithがおすすめだ。

South London

South London で物件を探したのは、

Richmond, Wimbledon, North Sheen, Wandsworth, Battersea, Vaxhaul, Clapham Junction, Putney, Bermondsey, Greenwich, Camberwell, Denmarkhil, Kennington, Surrey Quays, Canada Water

実際に物件を下見したのは

Richmond, Wandsworth, Putney, Camberwell, Surrey Quays, Canada Water

実はこの地域はかなりの時間と労力を割いて物件を探す必要があった。

というのも、South Londonはそれだけ希望(住居環境、利便性)にあう物件を探すのがとても大変だったからだ。

やはり地下鉄が発達していない地域は利便性が悪い。

色々と調べて思ったのは、

  • Richmondは是非住んでみたいと思う街だった。
  • Bermondseyも機会があれば今後是非行ってみたい場所。
  • それ以外の土地でSouth London に住む必要があるのであれば、Wandsworth, Clapham Junction, Putney, Surrey Quays, Canada Waterのどれかから選ぶのがお勧め。
  • Elephant Castle, Kennington, Peckham, Brixtonとかは、イギリス生活にかなり慣れた段階になってからチャレンジするべき。

ということだ。

East London, 東のNorth London

家賃は安いが、治安が悪い地域が多い。

夜にこの地域をふらつくのは控えた方が良い。

日中に街を歩けば、雰囲気が悪そうなのが分かる。

結論

  • 一番大事なのは、学校や職場に近い場所を選ぶこと。
  • それ以外で一番のおすすめはHammersmith
  • Kensington, FulhamなどのあるWest Londonは住みやすくて安全な地域が多い。
  • 安全で綺麗な街はRichmond。通勤時間を気にしないならぜひ住んでみたい街。
  • 犯罪率が高い地域やギャングの縄張りがある地域は、街の雰囲気が悪いことが多い。
ABOUT ME
akifune
ハリーポッターの世界にあこがれた高校生が、大学時代と初期研修後にイギリスに留学。 10年以上どうしたら英語が上達できるか考え続け、合計約3年間イギリスに滞在。 ようやく自分なりの回答を見つけ、現在は次の海外進出に向けて準備中。 美容皮膚科医。 イギリス留学、英語について発信するのが何よりの楽しみ。